研究室紹介 Welcome to Abe group

研究背景 Our goal

It is of keen importance to address the energy/environmental challenges including depleting natural resources and atmospheric pollutions, which threatens the sustainable growth in global societies and/or economies.
Our group is aimed at developing high-performance catalysts to meet the energy/environmental challenges we face.

 

天然資源の大量消費からの脱却

石油や石炭、あるいはウランなどの在来型天然資源の大量消費を前提とした20世紀型社会経済は、現在、根本的な見直しを迫られています。

循環型社会経済への移行

維持可能な循環型社会経済への移行を実現するため、水や二酸化炭素、あるいはメタンなど、豊富で環境負荷の低い「非在来型天然資源」を利活用するための材料・技術の確立が急務です。

研究目的 「分子転換触媒材料」の開発

本グループの狙いは、非在来型天然資源の高効率利活用を可能にする「分子転換触媒材料」の開発にあります。
具体的な開発対象は、以下のものです。

    1. 二酸化炭素転換触媒・・・水と二酸化炭素からメタンなどを合成する
    2. メタン転換触媒・・・メタンと二酸化炭素からアルコールなどの液体燃料を合成する
    3. 液体燃料転換触媒・・・アルコールなどの液体燃料から毒性排気ガスを生成することなく
      電気を取り出す
    4. 排ガス転換触媒・・・液体燃料の燃焼の結果発生する毒性排気ガスを清浄化する

 

研究室ギャラリー

161214_dwmachine IMG_0047
Solvent Purifier            Glove Box for Solid-State Materials

162114_dorafuto
Schlenk Lines in Draft Chamber

161214_x-ray2 161214_x-ray1
X-ray                   Diflractmeter

IMG_0042 161214_machine3
UV/vis Spectromater           Chemisorption Measurement System

161214derorian 161214_gc-ms
Automatized Cataiytic Reactor        GC-MS

161214_chemosynthesis2 161214_mixer
Gas Reactor                        Electrochemical Reactor

IMG_0043
Photocatalytic Reactor
この他、アーク融解炉と共用装置として硬X線光電子分光(SPring-8)MANAMANAファウンドリ電子顕微鏡ステーションを利用しています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

  • ENGLISH